preloader image

さわひらき〈日本/イギリス〉

幻想考

Artist:Hiraki Sawa(Japan/UK)
Title:Illusions

img

Photo:Kichiro Okamura

『奥能登国際芸術祭2017』で使われた旧日置公民館が「アートの公民館」として生まれ変わった。ドローイングとモビール、そして映像やサウンドから構成される空間的、時間的なインスタレーション。奥能登の農耕神事と自身の経験とを重ねた。

The former Hiki Community Center, which was used for the 1st Oku-Noto Triennale, has been reborn as an "art community center" by Hiraki Sawa. A spatial and temporal installation composed of drawings, mobiles, images and sounds. He combined his own experiences with the agricultural Shinto rituals of Oku-Noto.

-Information-

・制作年 2017,2021年
・展示 日置エリア|旧日置公民館
・マップコード(カーナビ入力) 913 078 539*57
・公開 10名様以上のみ事前予約でお一人様300円

Production year 2017,2021
Exhibition Area Hiki|Former Hiki community center
MAPCODE (GPS input)|913 078 539*57

ARTIST

さわひらき〈日本/イギリス〉

Hiraki Sawa  (Japan/UK)

石川県生まれ。
高校卒業後に渡英、現在はロンドンと金沢を拠点に制作をつづけている。 ロンドンの大学、大学院で彫刻を学ぶなかで、友人の手伝いでコンピュータのアニメーションソフトを使ったことがきっかけとなり映像作品を作り始める。撮りためたイメージを、映像がもつ時間軸の中でコラージュすることで自身の心象風景や記憶の中にある感覚といった実態のない個人的な領域を表現するインスタレーションを展開。 映像や立体造形物を巧みに操り再構成することで、現実にはありえない光景を描きながら、どこか親しみを感じさせる世界を作品の中に生み出し、見る人の想像力に働きかける。 近年は映像の配置を絵画的・彫刻的に捉えた空間構成や、立体や平面作品を併置させるなど、映像と展示空間とが互いの領域を交差するような作品に取り組み、世界各地で発表している 

主な芸術祭・展覧会 
「リヨン・ビエンナーレ」(2003年、2013年、リヨン、フランス) 「横浜トリエンナーレ2005」(2005年、横浜) 「Six Good Reason to Stay at Home」National Gallery of Victoria(2006年、メルボルン、オーストラリア) 「アーティストファイル」国立新美術館(2008年、東京) 「第6回アジア・パシフィック・トリエンナーレ」(2009年、ブリスベン、オーストラリア) 「Carrousel」Musée du Temps and Musée National des Beaux-Arts de Besançon(2010年、ブザンソン、フランス) 「シドニー・ビエンナーレ」(2010年、シドニー、オーストラリア) 「Lineament」資生堂ギャラリー(2012年、東京) 「Whirl」神奈川県民ホールギャラリー(2012年、横浜) 「Under the Box, Beyond the Bounds」東京オペラシティアートギャラリー(2014年、東京) Reborn-Art Festival(2017年、宮城県石巻市) 奥能登国際芸術祭(2017年、石川県珠洲市) 「Fantasmagoria」 PARAFIN(2018年、ロンドン、イギリス) 「潜像の語り手」神奈川芸術劇場(2018年、横浜) など  

Born in Ishikawa. Completed MFA in sculpture at Slade School of Fine Art in London in 2003. Currently lives in London and Kanazawa. Sawa expresses intangible domains such as imaginary landscape or certain senses exist in memories by video installations consist of moving image, three-dimensional and two-dimensional artworks. By manipulating moving images and three-dimensional structures, Sawa realises implausible and yet familiar scene in a given exhibition space which appeal to audience’s imagination. His recent artworks attempt to intersect moving images and exhibition space each other by constructing space through sculptural arrangements of moving images or laying three-dimensional and two dimensional artworks side by side.

Main projects and Exhibitions 
Lyon Biennale (2003, 2013, Lyon, France),Yokohama Triennale (2005, Yokohama, Japan), “Six Good Reason to Stay at Home” at National Gallery of Victoria (2006, Melbourne, Australia), “Artist File” at New National Museum (2008, Tokyo, Japan), the 6th Asia Pacific Triennial of Contemporary Art at the Queensland Art Gallery, (2009, Brisbane, Australia), “Carrousel” at Musée du Temps and Musée National des Beaux-Arts de Besançon (2010, Besançon, France), the 17th Biennale of Sydney (2010, Sydney, Australia), “Lineament” at Shiseido Gallery (2012, Tokyo, Japan), “Whirl” at Kanagawa Prefectural Gallery (2012, Kanagawa, Japan), Under the Box, Beyond the Bounds” at Tokyo Opera City Art Gallery (2014, Tokyo, Japan),Reborn-Art-Festival (2017, Ishinomaki, Miyagi, Japan), Oku-Noto Triennale (2017, Suzu, Ishikawa, Japan) and “Fantasmagoria” at PARAFIN (2018, London, UK), “Latent Image Revealed” at KAAT (2018, Yokohama, Japan)

これまでの作品

PREVIOUS WORKS

img

“flying”2016

img

“HAKO”2007