preloader image

リュウ・ジャンファ[刘建华]〈中国〉

漂移する風景

Artist:Liu Jianhua (CHINA)
Title:Drifting Landscape

img

Photo:Kichiro Okamura

中国の第一の陶都・景徳鎮の磁器と中世日本を代表する焼き物だった珠洲焼を混在させ、大陸との交流や文化のあり方を問う作品。2017年の第一回芸術祭では、あたかも海から流れ着いたかのように見附島近くの海岸に並べられた。現在は珠洲焼資料館に場所を移して恒久設置されている。

The artist questions our culture and relationship with the mainland through a mixture of porcelain from Kyungdeok-jin, China's leading pottery city, and Suzu-yaki pottery, representing medieval Japan. At the first art festival in 2017, the pieces were lined up on the beach near Mitsuke Island as if they had drifted up from the sea. It is now a permanent installation at the Suzu-yaki Shiryokan (Suzu-yaki Museum).

-Information-

・制作年 2017年
・展示 蛸島エリア|珠洲焼資料館
・マップコード(カーナビ入力) 329 684 469*80
・公開 常時公開中

Production year 2017
Exhibition Area Takojima|Suzu Ware Museum
MAPCODE (GPS input)|329 684 469*80

ARTIST

リュウ・ジャンファ[刘建华]〈中国〉

Liu Jianhua (CHINA)

1962年中国江西吉安市生まれ。陶窯地として有名な景徳鎮で陶磁器の仕事を始め、東洋最大の陶磁器大学である景徳鎮陶磁学院で学んだ。1989年卒業後、一貫して陶磁器を用い、悠久の歴史を持ちながらも不安定な自国の経済や社会を反映した作品を制作。
モスクワ・ビエンナーレ2007、シドニービエンナーレ2010、光州ビエンナーレ2012(韓国)や美術館やギャラリー等での発表多数、国際的に活躍する中国を代表する現代アーティストの一人。日本では2005年 「東アジアの現代美術」(東京、森美術館)2015年 「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ」に出展したほか、十和田市現代美術館に常設の作品がある。

Born 1962 in Jiangxi Jian, China. He started working in ceramics at Jingdezhen, a famous pottery pottery, and studied at Jingdezhen Ceramics Academy, the largest ceramic university in the Orient.
After graduating in 1989, he consistently used ceramics and created works reflecting the country's unstable economy and society with a long history. He is one of the contemporary artists representing the internationally active China, with many presentations at the Moscow Biennale 2007, Sydney Biennale 2010, Gwangju Biennale 2012 (Korea) and museums and galleries. In Japan, he exhibited at the 2005 "East Asian Contemporary Art" (Tokyo, Mori Art Museum) 2015 "Echigo-Tsumari Art Triennale", and has a permanent work at the Towada Art Museum.

これまでの作品

PREVIOUS WORKS

img

『白紙』2009-2014年

img

Echigo-Tsumari Art Triennale『捨てられたもの』2015年
Photo by Ishizuka