preloader image

奥能登国際芸術祭2020+参加アーティストをゲストにむかえ、総合ディレクター北川フラムがインタビューを行います。

インタビュアー:北川フラム
企画・編集:アートフロントギャラリー

眠っていた時間に命を吹き込む

ゲスト:南条嘉毅

体育館だけ残っていて、ただがらんとした体育館に、何ができるかなあとイメージしたときに、なかなかイメージしづらいものもあったんですね。 - 南条嘉毅

奥能登国際芸術祭2020+で誕生したスズ・シアター・ミュージアムのキュレーション、演出を担当された南条嘉毅さん。総合ディレクターの北川フラムによるインタビューが行われました。
世界に類を見ない劇場型博物館、スズ・シアター・ミュージアム。民具収集の大蔵ざらえから、南条さんの頭の中のイメージを、構想段階のドローイングと共にお話しいただきました。

〈南条嘉毅〉 
1977年香川県生まれ。対象の場所に赴き、その場所の特徴を現在の姿のみではなく歴史の面からも考察し、現地の土を使い複層的な絵画やインスタレーションを制作している。
主な展覧会に「overlay −時層の風景−」EXPOSITION/2017年/Galerie Grand E’terna a Paris(パリ)「Wafting Time −漂う地層−」/2018年/KYOTO ART HOSTEL Kumagusuku(京都)「水と土の芸術祭2018」市民プロジェクト/小須戸ARTプロジェクト2018/2018年/新潟県新潟市内全域。