preloader image

奥能登国際芸術祭2020+参加アーティストをゲストにむかえ、総合ディレクター北川フラムがインタビューを行います。

インタビュアー:北川フラム
企画・編集:アートフロントギャラリー

#3奥能登の暮らし

ゲスト:石川直樹

珠洲と言えば「あえのこと」ですけれど、来訪神の行事というか、どこかからやってくる神様の行事で。面白いのは、お風呂に入れたりもすることですよね。- 石川直樹

2016年より5年間、断続的に珠洲で撮影をしてきた石川さん。珠洲での暮らしや文化について石川さん独自の目線でお話しいただきました。

〈石川直樹〉 
1977年東京生まれ。写真家。辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。