preloader image

河口龍夫

1940年神戸生まれ。多摩美術大学卒業。
1960年代から国内外で作品展開する日本を代表する現代美術作家の一人。 「見えること」と「見えないこと」の「関係」を作品化。
種子を鉛で覆う、蓮の花托を蜜蝋で包む、化石をフロッタージュするなど、封印することによって、観客の想像力をかき立て、観客の様々な意識(時間・空間の意識、美意識、死生観など)を呼び覚ます。
筑波大学名誉教授、2014年から金沢美術工芸大学教授。

アーティストページURL:http://www.tatsuokawaguchi.com/