事務局レポート

東京・代官山で開催された『猿楽祭』に出展しました

東京・代官山で開催された『猿楽祭』に出展しました

2016.10.14

10月9日(日)10日(月・祝)の二日間、東京・代官山の「ヒルサイドテラス」で開催されたイベント『猿楽祭』に出展しました。

"奥能登珠洲の秋祭り"をテーマに、祭りの衣装である「ドテラ」や法被を着て、『猿楽祭』に来場された方々に珠洲の魅力を届けました。

わかめの酒粕汁として振舞いした「天然わかめ」や、昨年放送のNHK朝の連続テレビ小説『まれ』で取り上げられた「奥能登揚げ浜塩」、里海の恵みである「巻鰤」「岩のり」「ばらのり」「炙りワイン漬タラ・エイヒレ」、珠洲市民には馴染みの深い「太鼓饅頭」「いも菓子」「きんつば」など、用意した特産品は完売し、多くの方々に珠洲の味覚を楽しんでいただきました。

来場者の中には珠洲を訪れたことのある方も多く、「二週間前に訪れた珠洲のことが忘れられなくて、珠洲の物産を色々買いに来た。珠洲ロス状態です。」という珠洲ファンの方も。「すぐにでも珠洲に行きたい!」「来年は必ず珠洲へ旅行する。」との嬉しい声をいただきました。

また、「自分の好きなアーティストが参加予定なので、絶対に行きたい。」「(奥能登国際芸術祭クリエイティブディレクターの)浅葉克己さんの大ファンで、今後も芸術祭情報を楽しみにしている。」「サポーターとして参加したいので、情報があったら教えてほしい。」「娘が住む富山から足を伸ばして、来年は芸術祭を見に行く。」など、奥能登国際芸術祭への期待を感じることもできました。

最先端の文化・ファッションの街、代官山で、"さいはての地"奥能登珠洲の魅力を伝えることができた二日間。ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!

当日の様子はこちらから。

『猿楽祭』スタート!テーブル一面に珠洲の特産品が並びました
来場者の方へ特産品のこと、芸術祭のこと、珠洲のことをご紹介
わかめの酒粕汁の振舞いもスタート
イベントの終了直前まで多くの方に訪れていただきました。
ブースに足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました。

猿楽祭ホームページ
http://sarugakumatsuri.com/

このページをシェアする