お知らせ

公式グッズ取り扱いしています【珠洲市ふるさと納税】

ニュース 2017.12.11
公式グッズ取り扱いしています【珠洲市ふるさと納税】

奥能登国際芸術祭2017開催中、公式インフォメーションなどで販売していた公式グッズが、珠洲市ふるさと納税の返礼品となって登場しています。

公式グッズは、奥能登国際芸術祭クリエイティブディレクターの浅葉克己さん(アートディレクター)デザイン。
人魚と平家の家紋が印象的なデザイン。
奥能登には人魚の肉を食した娘が、八百歳も長生きしたという八百比丘尼の伝説も残されています。

珠洲市ふるさと納税返礼品には、珠洲の特産品をたっぷり取り扱っています。
芸術祭の作品を思い起こさせる商品もたくさんありますね。
例えば、、、

◆塩田千春「時を運ぶ船」といえば、揚げ浜式製塩の塩
◆リュウ・ジャンファ「Drifting Landscape」といえば、珠洲焼
◆南条嘉毅「シアターシュメール」、Noto Aburi Project「炙りBar」といえば珪藻土製品

など。
懐かしい思い出を珠洲の特産品とともに振り返ってみてはいかがでしょうか。
詳しくは、下記のリンクをご覧ください。

このページをシェアする