ニュース

【サポーター活動】河口龍夫さん "忘れもの"がテーマの作品会場作り

レポート 2017.06.15
【サポーター活動】河口龍夫さん 


旧飯田駅にて"忘れもの"がテーマの作品を展開する河口龍夫さん。駅舎内の一室を黄色にペイントするお手伝いをしました。

20170610kawaguchi2.jpg
まずは、黄色に塗るところと、塗らないところを分けるために、新聞紙とテープでマスキングします。綺麗に色分けするために、丁寧にガラスの隅までマスキングしていくのですが、これが意外に難しい...!

20170610kawaguchi3.JPG
下準備を終えて、さっそく黄色のペンキでペイントスタート。カッパを着て、思い切り塗り始めるサポーターのお二人。「普段できないことができるからすごく楽しい!」と喜んでいる姿が印象的でした♪

20170610kawaguchi4.JPG
作家のアシスタントとして来ていた美大の学生さん。『きれいに塗るコツは一定の力で塗り続けることです』と教えてくださいました。さすが現役美大生...手際が良いです。

20170610kawaguchi5.JPG


サポーターが制作する姿を、にこやかに見ていた河口龍夫さん。なぜ黄色なのですか?とお聞きしたところ、「黄色を嫌いな人は少ないですし、スポットが当たる光の色、だからかな」とおっしゃっていました。

使われなくなって10年ちょっと経った旧飯田駅、きっと多くの人の思い出が詰まっている場所だと思います。忘れられた「場所」と忘れられた「もの」はどんな風に生まれ変わるのでしょうか。

20170610kawaguchi6.JPG
二日目の終わりには、旧駅舎内が黄色の空間に変身しました。果たしてどんな作品に、そしてここに立った人は、どんな気持ちになるのでしょうか...。楽しみですね。

20170610kawaguchi7.jpg

次回の河口龍夫さんの作品制作は7月に入ってからです。
ぜひ、作品制作のサポーター活動に参加してくださいね♪