芸術祭コミュニケーションディレクター 福田敏也オススメ!特に信じる宗教はないと言いながら縁結びとか厄除けとか開運とかに熱心な僕たち都会人が、日本の最涯 珠洲に残る日本人神さま文化に祭とアートを通じてふれる旅

滞在期間
2泊3日
市内での移動方法
車・レンタカー
こんな人におすすめ
地域の魅力に沢山触れたい/車で巡りたい/ アート作品以外も楽しみたい/ のんびり回りたい/ お祭りも楽しみたい/ すずバスを利用したい
観賞できる作品数
29作品

推薦者プロフィール

福田 敏也
福田 敏也
芸術祭 コミュニケーションディレクター
1959 年東京赤坂生まれ。1982 年国際基督教大学卒業。東京在住。
広告コミュニケーションを足場としながら、企業ブランディングから、サービス、事業コンサルまで、さまざまな領域のコミュニケーション設計を考える仕事をしている。大阪芸術大学教授であり、博報堂のCCTO であり、FabCafe というものづくりカフェのFounder でもある。

1日目

  1. 1 10:00 のと里山空港

    ※羽田発8:55で出発
    車で約40分
  2. 2 11:00 飯田地区 ラポルト珠洲

    力五山さんの作品「力五山|潮流 - ガチャポン交換器 -」を鑑賞できます。
    この作品では、この地に集まったものが、人の手を介してどこまで流れていくのか、いわば「人づての潮流」が試みられています。住民から収集したもの、珠洲の沿岸にたどり着いた漂着物などが、巨大な「ガチャポン」を通じて託されます。
  3. 3 11:20 昼食(ラポルト珠洲内)

    能登の里山里海の豊かな自然が育んだ美味しい食を皆さまに味わってもらうため、秋祭りで振舞われる「よばれ」料理をモチーフに地元で採れた野菜や魚介類など旬の食材をふんだんに使用した御膳料理をつくりました。
    珠洲へ来たなら「これを食べれば間違いない」良質な珠洲の郷土料理をご賞味ください!
    ※珠洲 まつり御膳は予約が必要です。
  4. 4 12:15 飯田地区周辺

    飯田町商店街を歩きながら、7つの作品を鑑賞できます。食べ歩きもオススメ!
    ※ラポルトすずへ車を駐車可能です
    22|金沢美術工芸大学アートプロジェクトチーム[スズプロ]「静かな海流をめぐって」
    23|鴻池朋子「物語るテーブルランナー・珠洲編」
    24|吉野 央子「JUEN 光陰」
    25|南条 嘉毅「シアターシュメール」
    26|力五山「潮流 - ガチャポン交換器 -」
    27|河口 龍夫「小さい忘れもの美術館」
    28|EAT&ART TARO「さいはての『キャバレー準備中』」
    車で約10分
  5. 5 14:00 若山地区 南山

    竹川大介さんの作品「海のこと山のこと -在郷まわりと五芒星」を鑑賞できます。
    50年前まで行われていたという海と山の集落の行商による物々交換の形を実際に行い、記録した映像作品です。
    車で約10分
  6. 6 14:30 若山地区 旧上黒丸小中学校

    中瀬康志さんの作品「月を映す花舞台/アートキャラバンKAMIKURO」を鑑賞できます。
    廃校となった旧上黒丸小学校の校舎と森に囲まれた空間に円形舞台が設置され、森羅万象と繋がるような異次元空間が広がります。
    車で約15分
  7. 7 15:15 若山地区 北山

    坂巻正美さんの作品「上黒丸 北山 鯨組 2017」を鑑賞できます。
    伝統的な暮らしを象徴する絵馬、木造船、ボラまち櫓、鯨漁や海女漁の道具をコラージュしたインスタレーションが展開されます。
  8. 8 宿泊施設到着

    当日開催している祭りやイベントの情報をチェック!夜の珠洲をお楽しみ下さい。

他のモデルコースも見る

芸術祭コミュニケーションデザイナー 小池博史オススメ! 酒に祭にアートを堪能する旅

アートだけじゃ物足りない!珠洲のお酒、文化、イベントをたっぷり楽しむコースです。

芸術祭PRプランナー 堀内明オススメ! さいはての町のローカルスポットを巡る(アートもたっぷり)

日本海に突き出した能登半島の先端ならではの景色や奥能登らしい風土を感じられる場所、地元の人々に親しまれているお店、そして能登の食と酒。アート作品の鑑賞に加えて、地元の人々に近い視点で奥能登珠洲の魅力を感じたい人におすすめのコースです。