鴻池朋子TOMOKO KONOIKE

日本

鴻池朋子
1960年秋田県生まれ。東京藝術大学日本画卒業後、おもちゃデザインを経て1998年より自らの絵画や彫刻作品を用いて、人間の境界、現代の神話をトータルインスタレーションで表現。人間の思索や現象のみに閉じるアートに意識改革を求め、人類学、おとぎ話研究、教育人間学、考古学とプロジェクトを重ねている。主な美術館個展に2006年「第0章」大原美術館、2009年「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」東京オペラシティ(霧島アートの森 巡回)、2015年「根源的暴力」神奈川県民ホール(2016年 群馬県立近代美術館、新潟県立万代島美術館 巡回)。主なグループ展に2008年「広州トリエンナーレ」(中国)、2010年「釜山ビエンナーレ」釜山市立美術館(韓国)、2016年「Nousぬう」金沢21世紀美術館、「Temporal Turn」スペンサー美術館(アメリカ)他多数。最新刊「どうぶつのことば」(羽鳥書店)を上梓。
アーティストWEBサイト
http://tomoko-konoike.com/

展示作品

作品No.06陸にあがる

展示エリア 日置地区 シャク崎

これまでの作品

「シラ-谷の者 野の者」東京オペラシティアートギャラリー(2009年)

「アースベイビー」釜山ビエンナーレ 釜山市立美術館(2010年)

「皮鍛帳」(2015年)

「皮鍛帳」(2015年)