中瀬康志KOJI NAKASE

日本

中瀬康志
1955年 青森県生まれ、東京芸術大学大学院美術研究科修了。ドイツ学術交流会(DAAD)にて冷戦時の西ベルリンで約3年間活動する。帰国後は国内外でのレジデンスよる制作活動の他、AIRに特化したアートプロジェクト「FUJINO国際アートシンポジウム」(’98~’02)のプロデュースや埼玉新都心のパブルックアートへの新たな提言など、アートと社会の関係を探る活動を展開。近年は奥能登、上黒丸にて国際展に先行する形で継続的にアートプロジェクトを実行している。作品は特に自然環境を取り入れた建築的スケールの作品。 国際展では内陸部、上黒丸地域一体を視野に関係を作り出していく「アートスフィア上黒丸」を試みる。

【 主な展覧会】
「EUROPOS PARKAS国際彫刻シンポジウム」(リトアニア)、 「FIELDWORK and SCULPURE」(ベルギー) 、大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ(新潟)、「Land Art &Beeldhauwerken」(オランダ)、表象都市metamorphosis広島(広島)、「自然との対話」(国際芸術センター青森)他
アーティストWEBサイト
http://koji-nakase.net

これまでの作品

「儀明劇場」

「仮設の通路-SHINOBARA-」