EAT&ART TARO

日本

EAT&ART TARO
調理師学校卒業後、飲食店勤務を経てギャラリーや美術館などでケータリングを始める、食に関するプロジェクト多数。作品におごることしかできないお店「おごりカフェ」や、瀬戸内海の島々で作った「島スープ」、昭和の料理本を調査収集し、レシピ再現などを行う「レトロクッキング」など食をテーマにした作品を多数発表している。
アーティストWEBサイト
http://eat-art.info

展示作品

作品No.28さいはての「キャバレー準備中」

そこはいつも準備中の、さいはてのキャバレー。昔は定期船の待合室として使われていた建物だ。キャバレーとは本来ダンスやコメディを楽しむ舞台のあるレストランであり、文化の集まるところだった。 会期中、食時やお酒が楽しめるオトナの社交場へとして幻のように動き出し文化の集う場所となる。
展示エリア 飯田地区 旧レストラン

これまでの作品

「おにぎりのための、毎週運動会」(2014)

「ザ・キュウリショー」(2015)