アローラ&カルサディージャAllora & Calzadilla

プエルトリコ

アローラ&カルサディージャ
1995年より共同制作開始。現在、サンファン(プエルトリコ)拠点。一つの対象に対する徹底的なリサーチと鋭い解釈、創造的なアプローチによって、国際的に注目されている。環境や人類学、国家間の軍事・政治的な緊張や社会システムに関心をもち、映像・音・彫刻・パフォーマンスなどで作品化する。
主な国際展に第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ(2011)アメリカ合衆国館代表。第29回サンパウロビエンナーレ(2010/ブラジル)、ドクメンタ13(カッセル、ドイツ、2012)、光州ビエンナーレ(2004、2008、2014)、あいちトリエンナーレ(2013)。個展にニューヨーク近代美術館(2010)、フィラデルフィア美術館(2014-15)など。

展示作品

作品No.05船首方位と航路

展示エリア 日置地区 木ノ浦海岸

これまでの作品

"Puerto Rican Light (Cueva Vientos)"
(2015年)
Off-site commission for Dia Art Foundation, Guayanilla-Peñuelas, Puerto Rico
Photo: Myritza Castillo

"The Great Silence"
(2014年)
Installation view: “Intervals” Fabric Workshop and Museum and Philadelphia Museum of Art
Photo: Carlos Avendano

"The Great Silence"
(2014年)
Installation view: “Intervals” Fabric Workshop and Museum and Philadelphia Museum of Art
Photo: Carlos Avendano

"Stop, Repair, Prepare: Variations of Ode to Joy for a Prepared Piano"
(2008年)
Photo: Marino Solokov ©Allora & Calzadilla, Haus der Kunst, Munich