アデル・アブデスメッドADEL ABDESSEMED

アルジェリア / フランス

アデル・アブデスメッド

Photo by Gilles Bensimon

1971年アルジェリア生まれ。現在、ロンドン在住。ヴィデオ作品を中心に国際的に活躍。MoMA PS1、ヴェネチア・ ビエンナーレ国際美術展、サンパウロ・ビエンナーレ、ポンピドゥー・センターなど、国際的な注目を集める展覧会でたびたび物議を醸す作品を発表してきた。2006年ワールドカップでジネディーヌ・ジダンがマルコ・マテラッツィに頭突きしている巨大なブロンズ像がポンピドゥーの前に設置され大きな話題を呼んだことでも知られる。代表作に『リアルタイム(2003)』、『Décor (2011-2012)』など。
主な国際展に、横浜トリエンナーレ(2011/日本)、第50、52、56回ヴェネチア・ ビエンナーレ国際美術展(2003, 2007, 2015/イタリア)、第27回サンパウロビエンナーレ(2006/ブラジル)、個展に「PracKce Zero Tolerance」(2006/クリエ現代美術センター、ル・プラトー現代アートセンター/フランス)、『Adel Abdessemed: Dead or Alive』(2007, MoMA P.S.1/ニューヨーク)がある。

これまでの作品

"Cri" (2013年)(c)Adel Abdessemed, ADAGP, Paris. Courtesy of the artist. Photo by Marc Domage

"Cri" (2013年)(c)Adel Abdessemed, ADAGP, Paris. Courtesy of the artist. Photo by Marc Domage

"Bristow"(2016年)(c)Adel Abdessemed, ADAGP, Paris. Courtesy of the artist. Photo by Damian Griffiths

"Coup de tête"(2012年)(c)Adel Abdessemed, ADAGP, Paris. Courtesy of the artist. Photo by Marc Domage